とんとんと。

うつでワーママを辞めた母・とんとんの、日々のアレコレ。旧:境界型糖尿病の働くママの妊娠・出産・育児日記

シミだらけ!お下がりのベビー服(新生児服)を煮洗いで漂白したよ

現在、第二子を妊娠中。妊娠9ヶ月のとんとんです。

赤ちゃんの性別は、上の子(4歳)と同じ女の子。

新生児用の服は、上の子のお下がりを使う予定です。

しかし、お下がりのベビー服を取り出してみると首周りがシミだらけ!

▽しかもなんか臭う

f:id:tontont:20180525120336j:image

ちゃんと洗濯して圧縮袋に入れておいたのに、首周りについたミルクや母乳のシミが、4年かけて変色してしまいました。また、全体的になんとなく薄汚れている感じ。

このまま着せるのもなんとなく気が引けるので、煮洗いで漂白することにしました。

まずは結果を見てください

BEFORE

これを

f:id:tontont:20180525120336j:image

こうすると

f:id:tontont:20180525122309j:image

AFTER

f:id:tontont:20180601165813j:image

こうなりました!

よーく見ると、落ちきれなかった部分もありますが、パッと見はわかりません。服全体もふんわり、生き返りました!

それでは、煮洗いの方法です。

ベビー服の煮洗いの方法

用意するもの

  1. ステンレス製、もしくはホーローの鍋
  2. 酵素系漂白剤
  3. 洗濯洗剤

酵素系漂白剤はこちら。

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g

 

洗濯洗剤は、さらさを使用しました。

さらさ 洗濯洗剤 本体 850g

さらさ 洗濯洗剤 本体 850g

 

煮洗いの手順(ざっくり版)

ざっと手順だけ書くとこんな感じ。

  1. 鍋にお湯を沸かす
  2. 酵素系漂白剤と洗濯洗剤を入れる
  3. 15~30分ほど弱火で煮る
  4. 洗濯機ですすぎ、脱水して干す

以上!とても簡単です。

今回は、

  1. 汚れのひどいもの→鍋でしっかり煮洗い
  2. シミが目立たないもの・綿or麻100%じゃないもの→60℃のお湯で浸け置き洗い

の2パターンで漂白しました。

詳しい手順を写真付きで紹介します。

※煮洗いにおすすめなのは綿・麻100%のもの。化繊入りのもの、色落ちしやすい物、洗濯表示で「漂白剤NG」「液温に制限がある」マークがついた服は、煮洗いを避けてください!

煮洗いの手順(写真付き)

1.煮洗いするものを仕分けします

f:id:tontont:20180525122915j:image

2.酵素系漂白剤と洗濯洗剤を用意します
f:id:tontont:20180525122856j:image

3.鍋にお湯を沸かし、洗剤を投入!
f:id:tontont:20180525122852j:image
f:id:tontont:20180525122919j:image

4.すぐに服も入れましょう
f:id:tontont:20180525122309j:image

5.お湯を足してみたり、酵素系漂白剤を足してみたりします
f:id:tontont:20180525122929j:image

なお、酵素系漂白剤を入れすぎるとこうなります。

\(・゚д゚`≡・゚д゚`)/

f:id:tontont:20180525124815j:image

6.いい感じに泡立ってきました
f:id:tontont:20180525122923j:image

7. 20~30分煮て、汚れをチェック。キレイになったらOK!火傷に注意して、水で軽くすすいで絞ります。
f:id:tontont:20180525122906j:image

お湯、めちゃくちゃ濁ってました(´・д・`)ヤダー
f:id:tontont:20180525122902j:image

8.洗濯機ですすぎ、脱水したら干しましょう

f:id:tontont:20180525131229j:image

ピンチハンガーに逆さ吊り。前合わせの服はこっちの方が楽に干せるし乾きも早い!

9.完成!

f:id:tontont:20180601165915j:image

シミだらけだった、お下がりのベビー服が生き返りました!

同時進行で、浸け置き洗いもします。

もっと手軽な60℃浸け置き洗いの手順(写真付き)

使うものと、基本的な手順は煮洗いと同じです。

1.洗面台にお湯を張ります

f:id:tontont:20180525123854j:image

2.酵素系漂白剤と洗剤、ベビー服を入れます

f:id:tontont:20180525124205j:image

f:id:tontont:20180525124343j:image

3.お湯を足してみたり、酵素系漂白剤を足してみたりします
f:id:tontont:20180525124323j:image

4.いい感じに泡立ってきました
f:id:tontont:20180525124338j:image

5.30分ほどおいて、汚れが取れたらOK!軽くすすぎます
f:id:tontont:20180525124317j:image

▽襟周りが薄汚れているものは、軽くもみ洗い。
f:id:tontont:20180525124333j:image

7.こちらもだいぶ水が濁りました(*/ω\*)キャー!!

f:id:tontont:20180525124328j:image

6.洗濯機ですすぎ・脱水して干しましょう。

f:id:tontont:20180525131338j:image

7.完成!

f:id:tontont:20180601165930j:image

気になっていた襟周りも、だいぶキレイになった!

f:id:tontont:20180601170019j:image

ああ、すっきり。

煮洗いと浸け置き洗い、どう使い分ける?

汚れたばかりなら浸け置き洗いでOK

鍋での煮洗いに比べると漂白のパワーは落ちますが、汚したばかりの服なら浸け置き洗いで十分キレイになります!

  • ウンチ、おしっこ漏れ
  • ひどい食べこぼし
  • 子供の靴を洗う

こんな時には浸け置き洗いの方が手軽です。

  1. 固形物を取り除き、予洗いする
  2. 洗面台にお湯を張って、洗剤と服を投入する
  3. しばらくおいて、軽くもみ洗い
  4. 洗濯機にイン!

で完了です。

蓄積した汚れは煮洗いがおすすめ

一方、

  • タオルの黒ずみ、黒カビ
  • 洗濯してても薄汚れてきた服、お食事エプロン、布巾など
  • 何年も経って変色してしまったベビー服

といった、蓄積した汚れの場合は、煮洗いでキレイさっぱりさせましょう。

まとめ

以上、シミだらけのベビー服を漂白する方法でした。

世の中では、「オキシ漬け」といったオキシクリーンを使った漂白が流行っていますが、安い粉末の酵素系漂白剤でも十分キレイになりました。

洗濯槽の洗浄にも使えますし、まずは粉末の漂白剤で試してみてください。

煮洗いする場合は、素材や洗濯表示をきちんと確認してくださいね!

 

▽今回使った洗剤

さらさ 洗濯洗剤 本体 850g

さらさ 洗濯洗剤 本体 850g

 
シャボン玉 酸素系漂白剤 750g

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g

 

酵素系漂白剤は、無印良品の入浴剤ケースに入れてます。

無印良品 薬用入浴剤・ミルクの香り (新)500g 日本製