とんとんと。

一児の母、とんとんのブログ。鬱でワーママを辞めた母の、日々のアレコレ。旧:境界型糖尿病の働くママの妊娠・出産・育児日記

帰省に向けた、手土産ミッションコンプリート!

毎年、この時期に夫の実家(九州)に帰省する我が家。ご親戚方への手土産ミッションは、毎年私が担当しています。

子連れでの帰省なので、空港で買うという選択肢はなし。事前に百貨店などで買って、スーツケースに詰め込んで手荷物として預けます!

さてさて、本日、無事お役目を果たせたので

  • 誰に何を買ったか
  • 相手別の選ぶポイント

を備忘録代わりにメモします。

義実家には、定番ブランドの洋菓子+紅茶のセット

上野風月堂 ゴーフルアソート FGAS-20

上野風月堂 ゴーフルアソート FGAS-20

 

義実家には、こちらのゴーフルアソートと、ルピシアのティーバッグにしました。

選ぶにあたって、夫にヒアリングしたポイントは以下の4つ。

  1. 和菓子より洋菓子、かつ定番ぽいもの
  2. 数量が多く、バリエーション豊かなもの
  3. 個包装されているもの
  4. 予算内で紅茶が付くとベスト

となると、だいたいクッキー詰め合わせ系になります。去年は、確かヨックモックだったかな。

毎回、すぐに箱を開けて私たちにも振舞ってくださるので、娘が食べられるものが入ってる、というのもポイント。

義兄ファミリーには、女児が喜びそうな可愛いスイーツ+図書券

義兄ファミリーには小学生の娘さんがいるので、その子に喜んでもらえるといいな~なものを選びます。

女子向けギフト、ということで

  1. 味のバリエーションが豊富
  2. 女の子が好きそうな、華やかな見た目
  3. +αの図書カード

がここ数年の定番です。

今年は、フランセにしました。

横濱ミルフィユ4個入

横濱ミルフィユ4個入

 

横濱ラングドシャ、ピスタチオのミルフィユ、バレンタイン限定の缶入りベイクドショコラ(ラズベリー味)をまとめてラッピングしてもらいました。

1箱4個入り540円~と、予算に合わせて色々組み合わせるのが楽しい。

これからの時期、個人的にはホワイトデーにもおすすめです。夫も、職場の方からいただくバレンタインのお返しは、フランセでまとめ買いしてることが多いかも。

ご高齢の親戚には、健康に配慮したフリーズドライのお味噌汁

親戚の中には、血糖値のコントロールをされている方もいらっしゃいます。

選ぶポイントは下記3つ。

  1. お菓子以外のもの
  2. なるべく好みが分かれないもの
  3. 保存がきき、簡単に使えるもの

お菓子NGとなると結構難しいのですが、今年は、なかなか良いものが見つかりました。

美噌元さんの、味噌汁最中。フリーズドライの味噌汁です。


 

最中の皮には糖質が含まれていますが、少しだし大丈夫かな…?

店頭で見た「甘くないバレンタイン」という打ち出しが面白かったです。甘い物がダメな方もいらっしゃいますもんね。1個249円~なので、会社の方へのプチバレンタインギフトとしても良さそう。

予備も兼ねて、同じものを2セット買いました。

 

以上、今年の帰省の手土産の記録でした。東京らしさ、皆無!

 

そして毎年、何気にこの手土産ミッションを楽しみにしている私なのでした。あー楽しかった。

 

関連記事

↓これまでの帰省の記録。今年は更に難易度が高いぞ…!

↓前回の帰省前日に買った、JEEPのB型ベビーカー。今も大活躍!買って良かった!