読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4つ目の抱っこひもを買ったよ

育児グッズ 1歳 0歳
 
いやー、一瞬で使わなくなる系の育児用品はなるべく最低限で、と思っていたのでこんなに抱っこひもばかり買うなんて自分でもびっくり。
とりあえず、有名どころからちょっと新しいものまで一通り試したので、レビューをします。
この記事を、抱っこひもに悩むあなたに贈りますヾ(´∇`)ノ
 

ベビービョルン拒否で、NO抱っこ紐(~生後一ヶ月半)

生後一ヶ月から使えるということで人気のベビービョルン。我が家もこちらのタイプの黒を出産前に準備していました。しかし、いざ使ってみたところ、赤子が断固拒否!
 
どうやら、縦抱っこがどうしても嫌だったみたいで、入れると苦しそうな顔をして大泣き。一ヶ月検診では、しょうがないのでおくるみに包んで抱っこで行きました。
他の赤ちゃんたちは、ベビービョルンで気持ちよさそうにスヤスヤ寝ていたのに…!
NO抱っこ紐で出かける勇気が出ず、検診を除いて外出らしいことはほとんどなし。
エイデンアンドアネイのおくるみに包み、近所を2-3分お散歩する程度でした。
家から出られなくて、本当に辛かったです…。
 

生活をガラッと変えてくれた、ババスリング(生後1ヵ月半~)

救世主、スリングの登場!
 
もとは会社の先輩が使っていたものを後輩に譲り、そして我が家に来た、という流れです。
縦抱っこは拒否していた娘も、スリングなら全然大丈夫。
これのおかげで、公園までお散歩したり、支援センターデビューしたり、予防接種に一人で行ったり、お買い物、果ては一泊の箱根旅行にも行けました。
本当に生活をガラッとかえてくれたババスリング。今は、出産を間近に控えた別の後輩の手元にあります(●´ω`●)
社内で次々と受け継がれる、伝説のスリングとなりました。
 

寝かしつけの神、ベビービョルン(生後3ヵ月半~)

首が座ってきた頃、暑い日が増えてきたのでベビービョルンにチェンジ!寝かしつけにも大活躍。

 

tontont.hatenablog.com

近所の子供用品専門のリサイクルショップで、中古品を3500円くらいで購入。

ちょうど夏に差し掛かる頃だったので、とにかく涼しげなメッシュ素材が良かったです。2-3日に一度、洗濯機でガランガラン洗ってましたヾ(´∇`)ノ
娘がベビービョルンを卒業した後は、大学の友人の元へ。
夏場、エルゴのインサート(お布団と読んでた)にくるまって汗をかきまくる友人の娘ちゃんに使ってもらいました。
娘ちゃんとの相性が良かったらしく、生後三ヶ月頃に2人で飛行機に乗って帰省してました。抱っこ紐のブレイクスルー感すごい。
 

やっぱり王道。エルゴ(生後8ヵ月頃?~)

ベビービョルンがきつくなってきたので、いよいよ王道エルゴへ。
f:id:tontont:20151028211356j:image
エルゴ パフォーマンスというモデル。

ハードオフ(ブックオフ)で中古のものを3000円くらいで購入しました。

他のエルゴに比べて大きいです。
私は身長165cmあるのですが、それでも若干大きかったなぁ~。

tontont.hatenablog.com

↓ちなみに、こちらが新しいタイプ。
 

娘と相性合わず…おしりSUPPORI(1歳~)

唯一、失敗した抱っこ紐。
 

 一歳をすぎると自分で歩くようになり、ベビーカーが好きなこともあって抱っこ紐を使わない日が増えてきました。

エルゴを持ち歩くのは邪魔だけど、何も無いといざというとき無いと困る!ということでバディバディのおしりすっぽり(新品)を購入。
しかし、娘にはあまり合わなかった模様。
f:id:tontont:20151028212309j:image
この抱っこひも、こんなふうに子供を小脇に抱えて母親の体の横、腰骨あたりに乗せる感じのもの。
しかし、娘っこは抱っこの時はママの身体の正面にいないとイヤ!なタイプ。
ズリズリ上に上がったり正面にズレてきたりで、大人しく収まってくれませんでした。
使ったのは数えるほど。結局エルゴに戻ってしまいました。
 

エルゴを買う前に出会いたかった、モンベルの抱っこ紐(1歳6ヵ月~)

もっと早く出会いたかった~!
旅先のモンベルストアで見つけた、軽量&コンパクトなエルゴタイプの抱っこひも。 
 
本体がとても軽いし、使わない時は小さくしまえるし、首の後ろのパッチンの位置が絶妙で、抱っこしててとても楽!何より安い。おんぶも可。
色はチャコールグレー、赤、グリーン。我が家はチャコールグレーを購入しました。
 
収納した時のサイズを、Lサイズのおむつと比較してみました。
f:id:tontont:20151028213153j:image
うん、ちっちゃい!
使う期間は短いかも知れないけど、アウトドア好きな夫婦の心をがっちり捉えたモンベルの抱っこひも。たくさん使うぞ~!
 

おまけ:よだれカバーはプラチナムベイビーが本当におすすめ

なぜ赤ちゃんは、抱っこ紐に入ると肩紐をハムハムするんでしょう?うちの娘もハムハムしまくっていたので、いくつかよだれカバーを購入しました。

その中でも一番良かったのがプラチナムベイビーというお店のもの。最終的には、この2つを毎日ヘビロテしていました。

 

  • ドラム式の洗濯乾燥機でも、へたれない・よれない・毛玉ができない
  • スナップボタン式なので、取り付け簡単
  • 厚手でしっかりしているのに、手触りが柔らかい

マジックテープ式のやつは、取り付けるのが意外と面倒だし、洗濯するときに他の服に引っかかったりするんですよね…。ゴミとかもつきやすいし。

とりあえず迷ったらこれを買っておけば間違いなし!

まとめ

というわけで、我が家の抱っこひもはなるべく中古で、成長に合わせて買い換えて行きました。
抱っこひもは、子供との相性があるのでダメな時もあるのが難しいところ。
可能であれば、やっぱ試着して見た方がいいなー!と思います。
 

他に気になる抱っこひも

 使うのは一瞬でも、横抱っこできるのが良い。小柄な友人は、これしかサイズが合わなかった~と言ってました。

あと、うちの娘っこは前向き抱っこをめっちゃ喜んでたので、前向き抱っこができる点も〇
 
 
バックパックを作っていた人が作ったエルゴタイプの抱っこひも。アウトドア好きなので、かっこよさげ~と思ってた。
 
 
 
たまに見かけますが、スッキリしてておしゃれでいいなーと。
 
うちの娘は1歳7ヵ月になりしたが、抱っこ抱っこー!な甘えん坊タイプ。
まだまだ抱っこひものお世話になりそうです。